気になるおしりの黒ずみやにきび跡を最短で治す秘策とは?おすすめの対処法や改善方法

気になるおしりの黒ずみやにきび跡を最短で治す秘策とは?おすすめの対処法や改善方法

憎っくきおしりのできものや黒ずみの原因は?改善法はあるの?

気になるおしりの黒ずみやにきび跡を最短で治す秘策とは?おすすめの対処法や改善方法

 

 

・おしりのできものや黒ずみは大きなマイナスイメージ

 

ツルツルのきれいなおしりは男性女性問わず魅力的なものだと思います。普段おしりを周囲に見せることはありませんが、銭湯やプールなどで見られたり、パートナーに見られることはありますよね。

 

そんなときにおしりにできものや黒ずみができてしまっていると目についた人はマイナスイメージをもってしまいます。特に男性は女性のおしりはツルツルでキレイなものという勝手なイメージをもっている人が多いので、黒ずみやぶつぶつができたおしりをみたら大きなマイナスイメージを持ってしまう人も少なくないでしょう。

 

また、症状が悪化すると見た目だけではなく、座る時にかゆみや痛みがでてきて日常生活にも支障がでてきてしまうので、早めに対処をしていきたいところです。

 

 

・おしりにできものや黒ずみができる原因について

 

いつの間にかおしりにできものや黒ずみができてしまっていた人は「どうしてできてしまったのだろう?」と原因が分からない人もいると思います。

 

まず、できものについてですが、おしりにできるできものの多くが粉瘤だといわれています。粉瘤というのは良性の腫瘍で皮膚の下に袋のようなものができて、余分な皮脂や古い角質などが入って溜まったものです。

 

硬いのでさわるとしこりがあるのが分かりますが、最初は痛みがないので放っておきがちです。しかし、放っておくと悪化し、炎症を起こして痛みが出てきます。ちなみになぜ皮膚の下に袋ができるのかは現時点でははっきり解明されていません。

 

一方、黒ずみの原因はデスクワークや自転車など、座るときに与える刺激が原因となることもありますし、下着の摩擦が原因となることもあります。また、ホルモンバランの乱れが原因となることもあります。産後に黒ずみができる人が多いのは妊娠中や産後にホルモンバランが乱れているのが原因と言われています。

 

 

・おしりのできものや黒ずみの対処法

 

おしりにできものや黒ずみができたときの対処法ですが、まずできもの(粉瘤)の場合はセルフケアで治すことはできないので病院で診てもらう必要があります。痛みがなくても悪化すると炎症や化膿してしまうので早めに診てもらうことをおすすめします。

 

黒ずみも皮膚科や美容外科で診てもらうこともできますが、症状が軽いものであればセルフケアで改善していくこともじゅうぶんに可能です。おしり専用のスキンケアクリームなどもあるので、そういったスキンケア商品を使って、普段の生活でもおしりに負担をかけないように心がけていけば、ちゃんと改善していくことができますよ。

 

 

 

おしりの黒ずみ改善に超おすすめ!一押しのクリームを紹介

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ