【意外!】おしりの座りダコや黒ずみが出来やすい人の特徴や注意点

【意外!】おしりの座りダコや黒ずみが出来やすい人の特徴や注意点

【意外!】おしりの座りダコや黒ずみが出来やすい人の特徴や注意点

 

 

【意外!】おしりの座りダコや黒ずみが出来やすい人の特徴や注意点

 

 

・ おしりで座りダコや黒ずみができやすい部分は

 

デスクワークなどで長時間座っていることが多いという人のなかにはおしりに座りダコや黒ずみができてしまっている人も少なくないと思います。

 

仕事などで座る必要があるため仕方がない部分はあるとは言っても、見た目もよくないので何とかしたいものですよね?

 

世の中にはデスクワークなどで長時間座っている人はたくさんいますが、その人達全てが座りダコや黒ずみができているわけではないので、その違いは何かなどを突き詰めていくと、座りダコや黒ずみができにくくなるための対策をとっていくことができるようになると思います。

 

まず、座りダコや黒ずみがおしりでできやすい部分についてですが、座った時の体重のかけ方や骨格などで異なってくるものの、

 

・尾てい骨
・おしりの割れ目
・おしりと太ももの境目
・おしりの尻たぶ

 

のどこかにできてしまったという人がほとんどだと思います。

 

 

・ おしりに座りダコや黒ずみができやすい人の特徴

 

おしりに座りだこや黒ずみができやすい人の特徴として、まず痩せている人はできやすい人だと言えるでしょう。痩せていておしりについている肉が少ないとクッション性が弱くおしりに受けるダメージが大きくなってしまいます。

 

また、座った時の姿勢が悪い人も、出来やすい人の特徴になります。キレイな姿勢を保っていると自然とおしりと太ももに負荷がかかるのですが、姿勢が悪いとおしりに全部負荷がかかってしまいます。

 

さらに、運動不足の人も、筋力が弱くなってしまっていて外部からの圧迫や刺激に弱くなっているので、座りダコや黒ずみができやすくなります。

 

 

・おしりの座りダコや黒ずみをつくらないための注意点

 

おしりの座りダコや黒ずみができやすい人の特徴を知ると、できないようにするためにはどんなことに気をつければよいか分かってくると思います。

 

痩せている人にもっとおしりに肉をつけろというのは難しいかもしれませんが、痩せている人はクッションや座布団を使ってなるべく負担を軽減すると良いですね。また運動不足の人はウォーキングなどをしておしりの筋肉を鍛えていくのも対策になります。

 

さらに、座っている時の姿勢に気を付けておしりにだけ庄がかかってしまわないように座るように意識するようにしていけば、座りダコや黒ずみになる可能性をグッと下げることができると思います。

 

また、なるべく連続して座る時間を減らすようにこまめに小休止を入れるようにするのも大切だと思います。

 

 

 

おしりの黒ずみを自宅ケアで治したいならこれがおすすめ!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ