美容外科でおしりの黒ずみが治る?

美容外科でおしりの黒ずみが治る?

美容外科でおしりの黒ずみが治る?

 

 

美容外科でおしりの黒ずみが治る?

 

 

・ セルフケアと美容外科での治療どちらがおすすめ?

 

おしりにできてしまった黒ずみを治したいという場合、まずセルフケアで治していこうとするのか、美容外科などで治療するかが大きな分かれ道になると思います。

 

どちらにしようか悩んでいるという人はそれぞれのメリット、デメリットを考えてみると判断しやすくなると思います。

 

まず、セルフケアのメリットと言えば他人にケアしているのを見られることがないというのが一番のメリットでしょう。 いくら治療とはいってもおしりを他人に見せるのは恥ずかしいという人も多いですよね。また、セルフケアなら自宅でケアできるので通う手間がかからないというのもメリットになるでしょう。

 

そして、セルフケアのデメリットと言えば、治るのに時間がかかるということでしょう。また、専門的な知識がないため、間違ったケアをしてしまって、なかなか治らなかったり、逆に悪化させてしまうこともあるというのも大きなデメリットでしょう。

 

一方、美容外科での治療の場合、通う手間がかかったり、人に見せるのが恥ずかしいというデメリットがありますが、正しい知識をもった医師によって、その人に合った治療法で治療してもらえるので、短期間で治していくことができるというのが大きなメリットになります。

 

このように比較してみると、通う手間がかかったり、人におしりをみせるのは恥ずかしいというのはあるかもしれませんが、おしりの黒ずみをできるだけ早くしっかり治したいというのであれば、美容外科での治療も検討してみるべきだと言えるのではないでしょうか。

 

 

・ 美容外科でのおしりの黒ずみの治療方法について

 

美容外科ではどのようにおしりの黒ずみを治療するのかですが、一般的に「レーザー治療」「ケミカルピーリング」「外用薬」のどれかを用いて治療が行われます。

 

どの治療方法も医療行為にあたるものなので、皮膚科や美容外科などの医療機関でしか行うことができないもので、非常に高い効果が期待できます。

 

どの治療法がより適しているかをカウンセリングで実際におしりの黒ずみの状態をみた上で判断されるので、基本的にはこちら側が「レーザー治療したい」というように選択するものではありません。(予算や痛みなどの関係もあるので、希望を出したり相談することはもちろんできます)

 

また、美容外科で治療を受けるとしても、日々のセルフケアは欠かせません。どのようにケアしていけば良いのかも専門の医師に相談してアドバイスをもらえるので、正しいセルフケアができるようになるというのも美容外科で治療するメリットになりますね。

 

 

 

憎っくきおしりのできものや黒ずみの原因は?改善法はあるの?

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ